フラット35のずっと安心固定金利はメリットとデメリットを十分把握したうえで人生設計につながります。

フラット35のずっと安心固定金利はメリットとデメリットを十分把握したうえで人生設計につながります。

 住宅ローンフラット35は、最長35年の借り入れ可能ですべての期間金利が変わりません。
そのことによるメリットは、住宅ローンを組んだ時点で返済終了までの全返済額が分かることです。
ですから長期にわたるその他の生活設計が立てやすいことです。そして返済中に金利が上昇しても返済金額は上がりません。
一方デメリットは、金利が下がっても返済額が軽減されないことです。
そのほかのメリットは、住宅を取得するときは保証料が通常必要ですがこの制度では0円です。
ですからマイホームを購入する際の初期費用の節約につながります。フラット35では保証人の必要がないことが特徴ですが、
利用するにあたって、様々な条件を設けてあります。検討する際大変良い参考になりますが、審査結果によっては希望にそえない場合があります。
そのうえでのメリットでもありデメリットにもなりうることは、フラット35には様々なローンの組み方があります。
選択肢があることは良いことですが、特に注意が必要なのがローン開始から10年間金利引き下げプランです。
11年目には返済金額が上がることです。そのころお子さんがいらっしゃるファミリー層の方は何かとお金がかかりがちです。
納得してプランに加入したはずなのに、いざとなると戸惑われる方が結構いらっしゃいます。
マイホーム取得はみんなの夢です。フラット35にはメリットがたくさんありますが、場合によってはそこがデメリットに
なり得ます。そこの部分も十分把握したうえでのずっと安心固定金利で人生設計につながっていきます。 

フラット35のメリットとデメリット

 フラット35は、住宅金融支援機構が民間の金融機関と提携して取り扱う全期間固定金利型の住宅ローンです。
全期間固定金利ということから返済計画が立てやすく高い人気を誇っています。
しかし、メリットがあれば当然デメリットもあります。
ここでは、フラット35のメリットとデメリットを見てみましょう。

フラット35のメリット
まず最大のメリットと言えるのが全期間固定金利であることです。
借入期間中金利が変動しないため、金利の変動を気にすることなく、安心して利用することができます。
次に、団体信用生命保険(団信)への加入が任意である点。
団信への加入が任意であるため、健康状態の関係で団信に加入することができず、住宅ローンを利用できなかった人にも利用できるようになりました。
さらに、繰り上げ返済の手数料が無料です。
通常、繰り上げ返済をする時は、手数料が必要になりますが、フラット35なら手数料無料です。
また、他の住宅ローンと違い、保証料が0で保証人も必要ありません。

フラット35のデメリット
では、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。
最大のメリットとしてあげた金利固定という点がデメリットになることもあります。
なぜなら、市場金利は上がることもあれば、下がることもあるからです。
市場金利がどれだけ下がっても、フラット35ではその恩恵を受けることはできません。
また、長期間金利を固定するフラット35では、比較的高金利になる傾向があります。
団信への加入は任意ですが、団信に加入しない場合は、その代りの収入保障保険に加入しなければなりません。
場合によっては、この保険料が高額になることもあります。
手数料無料で利用できる繰り上げ返済ですが、その際の最低金額がインターネットサービスで10万円以上、金融機関窓口で100万円以上となっています。
このため、ある程度まとまった資金がある時しか利用することができません。

以上が、フラット35のメリットとデメリットです。
いずれもメリットとデメリットは表裏一体となっていますので、慎重な検討が求められるでしょう。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL