マイホーム購入にあたって

マイホーム購入にあたって

 『マイホーム購入』は一生に一度の大きな買い物なので慎重になりますよね。
購入予算の立て方は、現在賃貸で暮らして居いて背伸びをしないのなら賃貸代金と同じくらいで完済まで続けていける予算のマイホームが良いと思います。
マンションなのか一戸建てなのか、場所や立地条件・間取りなどで金額は大分変わってきます。支払い方法として毎月払いの他にボーナス払いもありますが、ボーナス払いは入れない方が良いです。
何故ならボーナスは一定ではないのと家庭で急な出費は必ずある為、補てんしなければならないからです。
そして、ご両親からの贈与として資金援助が受けれる環境であるならばありがたいことです。
当初の予算より上の物件も購入することが出来ますし、予算内の物件であれば完済時期が早まったり、自己資金が多くなり気持ちの余裕が出てきます。
とにかく、マイホーム購入にあたっては無理なく完済出来る予算内の金額の物件が一番です。(途中で修繕などでお金を使うことになるので) 

マイホーム購入予算の立て方について

 マイホーム購入予算の立て方を紹介します。
マイホームを購入する時は、自分の貯金から出す頭金と、銀行等に借りる住宅ローンの2種類のお金を組み合わせるようになります。
住宅ローンの借り入れ限度額は、ネットに自分の年収を登録するとシュミレーションできるのでそちらで計算した方が早くて分かりやすいでしょう。
借り入れ限度額からオーバーしている額は頭金として出すようになります。
自分の購入したい地域の土地の相場を調べてみましょう。
家自体は平均1500万~2000万と計算しておきましょう。
頭金は多く出した方が月々のローン返済の額が減り楽になりますが、注意したいのは貯金を全額出してしまってはいけない!という点です。
引っ越しの際には、様々な諸経費が出ます。
引っ越し業者への支払いはもちろんですが、新しく家電を購入する場合もあるでしょう。
我が家は実家からの引っ越しだったので家電を新しく揃えることになり100万近くかかりました。
また不動産仲介業者への支払いも現金になります。
だいたい30万位かかります。
ローンの書類手続きの際に司法書士さんに払うお金も10万位かかります。
また急に病気をした際の出費や車が故障した際等の臨時出費ものけておきましょう。
それらを生活予備出費と呼びますが、給料の3~6ヶ月分をのけておくのが無難だと言われています。
まずは自分の貯金額を調べ、そこから引っ越しに必要な諸経費と生活予備費を引きましょう。
残った額を頭金に回せます。
後はローン限度額をシュミレーションして、足りない額や月々の返済を減らしたい額を頭金から算出するように計算し、貯金に励みましょう。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL