住宅ローンの借り換え時の適切なタイミング

住宅ローンの借り換え時の適切なタイミング

 住宅ローンの借り換えのタイミングがいい時期についていろいろ調べましたが、下記のタイミングが検討すべきと思われるので、いくつか列挙します。一つ目、借入時よりも、同じ金利タイプが0.3%以上現在の金利が下がったとき。借り換えでは、事務手数料が下がったので金利が0.3%下がっていれば借り換えのメリットが享受できるといわれています。二つ目、変動金利で借り入れをしていて、金利上昇の機運がある場合。今後金利が上昇するという気配の旨の情報入手した際、固定金利タイプへの借り換え時といえます。ただし、多くの場合で返済総額が上がってしまう可能性があるので注意が必要です。三つ目、当初固定金利の優遇期間が終わってしまうとき。当初固定金利の金利優遇期間が終了してしまうと固定金利ではなく変動金利になってしまう住宅ローンが多く、金利が上昇してしまうケースが多々見受けられるそうです。当初固定金利の優遇期間が終わる前にローンの借り換えを斟酌し他の当初固定金利の住宅ローンなどに切り替えの検討するのがいいと思慮されます。 

借り換えの際に注意したいポイント

 銀行ローンの借り換えで注意したいポイント。先ずは、現在の借りているローンの金利がいくらなのかということをきちんと把握してください。現在の金利と借りている金利の差が最低でも1%以上ないと借り換えの効果が薄くなってしまうことが多いからです。これは借り換えのときに生じる諸費用等の別途掛かる金額があるので、最低でも1%以上ないとローンの減額を目的としている場合は、あまり効果がなくなってしまいます。又最近では、ローンの中に色々な疾病特約など団体信用以外でも付加価値が付いているローンが多数ございます。現在そういう商品に加入している場合、借り換えをして同条件のものに入ろうとすると余り条件が良くないことがあると思います。これは、売り出し始めのときが、1番商品がお安い時の可能性があるからです。又借り替えたらこの付加価値がなくなってしまったとかも良く聞きますので注意が必要です。普通の金融機関で対面で行う場合は、相手の方も重要なことなので注意喚起してくれると思いますが、ネットの場合は自分で決めていく部分なので注意が必要かと思います。私から見た借り換えのポイントでした。 

住宅ローンの借換えに必要な手順とは?

 住宅ローンは一生かけて返済していくものなので、より返済金額のお得な住宅ローンがあれば、借り換えは積極的に検討して行くべきでしょう。
住宅ローンの借り換えは、それほど難しいことではありません。必要な手続きは、以下の流れです。

まず初めに、現在返済中の住宅ローン会社に連絡をし、現在の残高を確認します。その際、いつ返済完了できるのか確認されますので、借り換えの手続きに必要な期間を加味し、伝えましょう。その他、必要な条件を確認しましょう。

次に、借り換えを予定している住宅ローン会社に対し、住宅ローン申請をします。事前に確認しておいた住宅ローンの残高分を申請することになります。
審査が通れば、具体的な手続きに入ります。返済期間や月々の返済額などを決めていきます。
最後に、司法書士の人と面談しながら、法的な手続きを完了させます。

以上のような流れで借り換えの手続きは完了します。
少々面倒に感じる場合もありますが、一生における返済額に影響しますので、ぜひ検討してみてください。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL