長期にわたる安心をとるか時代を先読みして支払額をなるべく減らすかの選択です

長期にわたる安心をとるか時代を先読みして支払額をなるべく減らすかの選択です

 変動金利と固定金利の違いは変動金利はある一定期間ごとに金利が見直されるタイプのものを指します。金利については、一般的に半年ごと見直されるものが多いです。ただし返済額については都度では無く5年ごとに再計算され見直しされます。見直し後の上限額は1、25倍までとする125%ルールというものがあります。その他にも一定期間は固定金利でそのご変動金利となる固定金利選択型や通常よりやや金利は高いのですが上限金利が決まっている上限金利付変動金利型、金利ミックス型というものも含まれます。一方固定金利は借入時の金利を決めたら支払い終了まで続くタイプとなります。また段階金利型と言って一定期間までは金利が安く、ある期間以降は金利が高くなるものも含まれています。固定金利型のメリットは借入時に終了までの支払額が固定されるので返済計画がたてやすくなります。ただしデメリットとしては金利が一般的な水準より高めに設定されているので金利が長期に渡って変わらなければ変動金利より多く支払いをする必要があるということです。 

変動金利のメリット、デメリット

 現在住宅ローンを組むのに変動金利は当たり前になってきています。変動金利とは、固定金利など色々とある住宅ローンのプランの中ではもっとも低い金利に設定にされています。これは変動金利の最大のメリットです。変動金利はその名前の通り、金利が変動しますので返済額も変わってきます。経済情勢によって金利が高くなったり、低くなったりしますので、それに合わせて返済額も上がったりしますが、金利が低くなったとしても返済額が減るということはありません。

理由は、住宅ローンは優遇金利という仕組みにあります。基準金利から優遇金利を引いたものを、実際に借りる住宅ローンの金利になります。金利が下がったとしても実際の優遇金利の幅で調整されています。これは変動金利のデメリットです。

あと、変動金利には5年ルール、125%ルールというものがあります。先程も説明した通り、変動金利というものは上がったり、下がったりしますので、急激に金利が上昇する時もあります。そうなると返済額が上がりすぎてしまい、返済できなくなってしまう人も増えてしまいます。そうならないように急激に金利が上がったとしても、変動金利の見直しは、半年に1回にして返済額の更新は5年に1回という決まりがあります。しかし、もし返済額が上がってしまったとしても返済額の最大125%までしか変動しないことも決まりであります。 

固定金利のメリット、デメリット

 固定金利のメリットは、住宅ローン金利が急上昇しても即座には影響を受けないことです。なので、将来生計もたてやすく、安心感があります。変動金利の場合は、半年ごとに利率を見直すため、金利が急上昇したしまうと影響が出てきてしまいます。金利に左右されることなく、毎月の支払いが安定しているのは固定金利の最大のメリットです。

固定金利のデメリットは、金利が高いことです。金利が急上昇しても影響を即座に受けない分、変動金利より割高な金利が設定されています。なので、同じ額の住宅ローンを組んだとしても固定金利の人は変動金利より支払いが高くなってしまいます。あと、金利が下がってしまった場合でも固定金利は影響を受けません。

固定金利は、安定感や安心感を求めている人やリスク管理が苦手な人にもおすすめです。金利に振り回されることなく、将来の生計をたてやすいのです。固定金利には「全期間固定金利型」と「固定金利期間選択型」とありますので、自分の合った方を銀行の担当者や不動産屋の仲介者と話し合って決める方が良いでしょう。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL